2008年01月05日

寒中お見舞い(2)

 寒中お見舞い申し上げます。
第5章 その他の研究会
今年は少年法研究会によく出かけました。この研究会、すごい大物が集まっています。討論の内容も濃いです。したがって、勉強になります。私もついついコメントしてしまいます。
メンバーの一人の小澤先生が本を出しました。その帯に私が推薦文を書きました。よろしければご一読ください。お勧めです。
GID(性同一性障害研究会)はサボってしまいました。
「戦後日本<トランスジェンダー>社会史研究会」は、今のところ閉店です。今年は、三橋さんに頑張っていただきたいところです。
昨年、杉浦さんと石田君が新しい研究会を立ち上げました。私は、今のところ傍観しております。
大学では、民衆文化の研究会と食文化の研究会に所属しており、しかも今年は形式的にではありますが民衆文化研究会の代表ですが、これらに関しては、年に一度、調査・研究合宿をする程度です。
今年度は、両方とも3月に合宿を行います。
第6章 調査研究
昨年は2本の調査研究を引き受けました。しかも、2つとも調査の代表であり、全体の運営への気配りが大変です。
1つは、(財)社会安全研究財団の犯罪不安感調査です。3年に一度の継続調査であり、1千万以上の研究費をかけての本格的な調査です。
今年の3月初旬までに報告書の原稿を出さなくてはなりません。今一番大変なのは、この報告書原稿の執筆です。
上田専務と渡辺研究主管には、ここでもお世話になっております。
2つは、警察庁生活安全局少年課の青少年とケータイ電話の調査です。
これも数年前に行った調査の結果を踏まえての調査でありますが、報告書の作成は今年の夏でよいので、その点は気が楽です。
第7章 (財)青少年問題研究会
日本一小さな財団です。絶対に天下りはありません。防衛庁でもどこでも良いので、是非天下ってきてください。週二日の出勤で、交通費込み4万円、差し上げます。ただし、1万円は、基金として徴収させていただきます。
まあ、そんなわけで、この財団の理事長として、昨年は大変でした。ただし、大変なのは、昨年だけでなく、ここ数年続いていますし、今年も続きそうです。しかし、これを書き出すと、それこそ大変ですので、「寒中見舞い」とは別にして、これは後ほど書かせていただきます。
第8章 審議会
埼玉県青少年健全育成審議会会長として、浦和まで出向いて、審議しました。しかし、一昨年に比べると、実に楽です。
一昨年までは、知事に具申なるものを出すというので、真面目にも調査をし、分析し、それに基づいて、具申の原稿を書き、具申を出したわけです。これが実にしんどいものでした。
今年は、そのようなことはなく、埼玉県の青少年健全育成の今後の指針なるものが提示され、それを検討するということで、行政が提示したものを検討すればよいのです。実に楽です。
会長としては、行政と打ち合わせをし、審議を進め、委員の意見を伺い、まとめるという、その場の対応に心がければよいわけです。
今年も、そうあって欲しいものです。
神奈川県児童福祉審議会社会環境部会部会長としては、昨年は実に忙しかったです。
暴力系・残虐系のテレビゲーム規制に関して、業界自主規制に県としてお墨付きを与えるという方向で、業界のSEROさんと随分と折衝を重ねました。
全国初の新しい規制を神奈川県がつくるということで、研究者としてではない、大変さを味わいました。
今年の3月か4月には条例の改正が行われるはずです。(続く)
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆