2007年10月23日

続・三叉神経痛

 第一枝の神経痛では額と目が痛くなり、第二枝の神経痛では上あごや上の歯や頬が痛くなり、第三枝の神経痛は下あごや下の歯が痛くなるという。私は第一枝・第二枝の神経痛だ。ただし、首筋から肩、背中にかけて、こりこりにこっている。
三叉神経痛には、一瞬的に激痛が走るものと痛さが持続的なものの二通りがあるという。私のは後者だ。
原因の一つは慢性副鼻腔炎(蓄膿症)だという。その通り。私の場合は、蓄膿症の手術の後遺症として出てきた。
鍼灸がよく効くという。これも体験的に当たっている。さらに、暖めると良いという。これも当たり。
左側に出たり、右に出たり、両方に出たりするという。私の場合は、決まって左側だ。
今日は左の上の歯が痛くて、右側で食事をかんで食べた。バファリンもあまり効かない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆