2007年07月14日

本日

 昨日は13日の金曜日。本日は50年近く前にお袋が死んだ日、そしてまもなく夏休み。
学生たちと飲んで、ウハウハして、その間に試験の採点をして、レポートを読んで、大学のオープンキャンパスや特別講義で高校生や受験生相手にがんばって模擬講義や学部ガイドをして、他大学に集中講義に出かけていき、等々の季節になってきた。
大学の夏休みはおよそ60日間。その半分の30日間は仕事で出かける。残りの半分の30日で論文や随筆を書く。今年も実質的には、夏休みは無い。こんな日が70歳まで続くのかと思うと、今から憂鬱である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆