2007年03月03日

将棋界の一番長い日

 昨日の夜中「将棋界の一番長い日」をやっていた。A組戦最終日である。
結果、郷田が名人戦挑戦者となり、阿部と深浦が降格した。厳しい世界である。B1組から誰が昇格してくるのかは知らない。
碁はわからない。将棋は絶望的なヘボ、しかし見るのは好き。
棋士ほど天才的な頭脳の持ち主はないと思っている。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆