2007年02月22日

巻頭言

 『犯罪と非行』の巻頭言を書き上げた。巻頭言を書くような年になると、良く言うと、大物・長老になったと言われ、悪くは、そろそろ引退と言われる。私もそんな年になってしまったのか。
本の編者もそうだ。編者になると、大物・長老と言われ、そろそろ終わりと言われる。やはり、そんな年になってしまったようだ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆