2006年03月23日

老人顔

 ようやく熱が下がった。まだ、喉が痛く、首筋から肩、背中、腰にかけて、こっている。
体重が4`ほど減り、目の下に隈が出来、頬がやつれ、老人そのもの。見た目、67歳。
4年前のように、杖でも突いて歩こうかな、と思ったりする。きっと、電車の中では、心ある若者が席を譲ってくれることだろう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆