2006年03月10日

2006年度予算

 本日は、財団法人青少年問題研究会の理事会・評議員会。議案は、平成18年度事業計画ならびに収支予算の件。
昨年の大改革に引き続いての経営の安定化を図る大事な一年である。
ただし、やはりどうしても助成が必要。昨年はあるところから350万の助成をいただいた。そしてようやくのことピンチを脱した。
今年も100万は必要。そして、ありがたいことに、それ以上の助成をいただくことが出来た。
この助成の件がはっきりするまで、内心かなり不安であった。しかも、本日の理事会・評議員会の予算案も作れないという状態であった。
これで一安心である。あとは、実にしんどいことであるが、もう一年、この財団再建にかなりの時間とエネルギーを注ぐことにする。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆