2005年05月31日

立山を越えて

 一昨日、教え子の結婚式で富山へ。式終了後、立山駅にて妻と合流。
翌日、立山から黒部へ。まだ、雪・雪・雪の一面の銀世界。山でも海でも平原でも、360度、一面の大パノラマの自然はすばらしい。圧倒される。
しかし、それもつかの間、本日は、再び俗世界にどっぷりと浸っている。別の意味で圧倒されつつ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆