2004年12月29日

ぼたん雪

 外はぼたん雪。「降る」というよりは「舞い降りてくる」といった感じ。
今年の冬は、これでも冬かと思えるような暖かさだったが、ようやく「寒い!」「冬だ!」という感じになった。
それにしても、家の中にいて、窓から雪を眺めるなんて、人間は実に恵まれている。これに、「雪見酒」なんてことになったら、もう最高。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆