2004年07月16日

告白(43)女H人魚姫

 当時、ミチヨちゃんよりも胸をわくわくさせていた少女がいた。人魚姫である。アンデルセンの童話『人魚姫』の人魚姫である。
彼女に出会ったのは、小学2年生の春。週1回の読書の時間は、図書室に行って何でも好きな本を読む、ということで、そこで出会った。
それはもう衝撃的な出会いであった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆