2004年05月18日

告白(29)便所@

 学校の怪談話で必ず出てくるのが便所である。それはボットン便所だったからだ。
放課後、誰もいなくなった学校での便所は、それだけで怖い。
小便ならそれでも、なんてことないが、大便ともなると、そうはいかない。
ギギギーッとドアを開けて入り、ギギギーッと閉めるだけで、もう心臓はドキドキと高鳴る。
ズボンを降ろし、パンツを降ろししゃがむと、そこには暗い便所の底がある。見たくないのに何故か、底を覗いてしまう。
小便と大便の溜まりの中に、人の顔が・・・ギャーッ!と、なってしまう。
学校のボットン便所は、やはり、怖い。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆