2004年03月20日

告白(16)家E

 長男が2〜3歳の頃、2軒長屋の隣の家を所有することになり、隣との壁の一部をぶち抜き、隣の家をかなり改造し、屋根を修理し、塾を隣に移した。
こうして我が家は、6畳と3畳の続き部屋、4畳半、3畳、2畳間の物置部屋、2畳間の台所、風呂、2つの便所、6畳と3畳の続き部屋(塾用)と、かなり間取りのある家となった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆