2003年12月02日

告白(4)ティッシュA

 「ティッシュ」などという言葉が普及したのは、ごく最近のことである。私の大学生時代にはまだなかったのではないだろうか。少なくとも、高校生時代にはなかったはずである。
「はながみ」「ちりがみ」「ちりし」「べんじょっかみ」なんて言っていた。「べんじょっかみ」は、古新聞の再生紙で、色が灰色でごわごわしていた。そして時に、溶けそこなった新聞の破片がこびりついていた。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆