2003年09月16日

モテたこと・「愛人」

 今年の合宿は実にモテました。昨年もモテたのですが、今年もまたモテました。
最近は、女子大生の隣に座っても「セクハラ」と言われるような時代ですが、ゼミでは女の子たちが快く私の隣に座り、食事の時も飲み会の時も、スリスリ・ムンムン・パフパフと、もうウハウハでした。22名の美女に乾杯です。
ところで、ゼミ合宿時に「先生の愛人はいっぱいいますが、私はその中に入っていますか?」と、ある美女から質問されました。とっさに私は「入ってない」と答えたのですが、「愛人」の定義がないことに気付いたのです。
で、定義を考えてみたのですが、これがはっきりしません。そこで、「愛人とは私が愛人と決めた人」と、いうことにしました。
一応女性で、私がよく知っている人、という条件が付きますが、この際、年齢制限は撤廃したいと思います。もちろん、在校生でも人妻でもかまいません。1歳の女の子でも100歳のおばあちゃんでもかまいません。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆