2003年07月30日

社会問題試験採点速報

 社会問題試験採点結果は以下の通りである。履修生136名中「A」の者・・・・40%「B」の者・・・・17%「C」の者・・・・19%「D」の者・・・・13%「E」の者・・・・10%
毎度のことであるが、「A」の比率が高い。今年は、いくらか厳しく採点したのだが、やはり高くなってしまった。
「よくできている」答案が「A」というわけではない。もしそうであるならば「A」は10%にも満たないであろう。これではあまりに厳しすぎるので、「ある程度出来ている」答案を「A」としている。そうすると、高い比率になってしまう、ということだ。
毎回真面目に授業を受け、ノートを取り、試験の前日に数時間勉強すれば、誰でも「A」が取れる、そんな採点基準である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆