2003年07月22日

術後一年半経過

 一年半が経過した。一年半生き延びた。あと三年半である。
マラソンにたとえるなら12qを過ぎたところ。そろそろ脱落者が出てくる頃。まだまだ序盤戦。これからが長い。
夏休み、ゆっくりとダラダラとしていたいが、最低、3つの講演と、1つの巻頭言と、2つの調査報告書を仕上げなくてはならない。できれば、さらに1本論文を書きたいのだが。
もちろんこの他に、様々な雑用等がある。2つの調査計画・調査票の作成、テストの採点、ゼミ合宿、財団法人青少年問題研究会の仕事、神奈川県児童福祉審議会、恵友会評議員、等々である。
さて、本日はこれから警察庁の少年課に出かけていくことにする。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆