2003年06月01日

横浜港開港記念日

 なんだかんだ言っている内に、今年も6月。昨日は埼玉県の北本市まで雨の中を行ってきた。北本市中央大学公開講座・5回シリーズの第一弾。疲れた。
さて、話は変わって。明日の2日は、横浜港の開港記念日である。
私が、小学3、4年生の時に開港100周年記念があったので、間もなく150年になるであろう。
ところで皆さんは横浜市歌をご存知か。最近は横浜市民でも、市歌を知らない人が多い。市民の一割も知ってはいないであろう。聞いたことがある人でも、歌える人は少ない。もちろん私は歌える。
この横浜市歌が、実は横浜港開港50周年記念歌であったことを知っている人はほとんどいない。市民の1パーセントもいないであろう。もちろん私は知っている。
開港100週年記念歌があったことを知っている人はさらに少ない。もちろん私は知っている。
その100周年記念歌を歌える人は、横浜市民であっても、めったにいるものではない。1000人といないのではないだろうか。その歌をもちろん私は歌えるのである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆