2003年05月30日

異常なし

 人々の生活時間の流れの中には、区切りというのがいくつかある。一日、一週間、ひと月、一年。さらに誕生日、結婚記念日、等。
現在の私にとっての最大の区切りは、癌手術を基点とした区切りだ。お陰様で1年を経過した。
次に大事な区切りは年4回ある検診結果の日だ。
5月13日に検診し、本日、その検診結果を伺ってきた。結果は、血液検査異常なし、CT検査異常なし、超音波検査異常なし、よって、癌再発の兆候無し、であった。
2002年春、夏、秋、2003年冬、そして春。5回目の検診をクリアー。これにて生存率がまたいくらか上がった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆