2003年04月08日

日本犯罪社会学会の自分史(18)

日本社会病理学会・その@
日本社会病理学会が設立されたのは1985年の10月である。
長い間、社会病理学研究会として細々としかもときには中断しつつ運営され続けていたのだが、私はその研究会からの会員である。
私の大学院生の頃からで、犯罪社会学研究会に匹敵するほどの古さである。
さて、設立された1985年当時、既に私は犯罪社会学会の理事をしており、この学会ではしばらくの間、単なる会員として留まった。(ただし、理事のお偉い先生方から雑務運営の相談はしばしば受けていたが。)
大橋薫会長、望月嵩編集委員長のとき、編集委員になってくれと言われ、望月先生では断れないので、編集委員になった。1989年10月のことである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆