2003年02月25日

日本犯罪社会学会の自分史(7)

 事務局長を1期3年(正確には1981年4月〜1984年10月までのほぼ3年と7ヶ月)務めたあと、理事となった。
第1回理事選にて当選し、その後理事を3期(9年)務めた先生方が、「理事は連続3期まで」という規定で、理事選の被選挙権者にならなかったため、若手会員が多く選ばれたのである。そしてその中の一人が私だったということである。
こうして、澤登会長の下、庶務担当の常任理事となった。36歳のことである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆