2003年01月26日

本年度卒業論文口述諮問結果速報

 矢島ゼミ4年生24名中、卒業論文履修者22名。うち、卒業論文提出者は18名であった。社会学科約160名中卒論提出者は46名。したがって、提出者のほぼ4割が矢島ゼミ生であった。
さて、昨日、卒業論文口述諮問が行われた。例年に比べて今年は論文提出者が多いにもかかわらず、質としてもかなり高いレベルであった。
矢島ゼミ生の18名も、例年になくレベルが高かった。具体的にここで述べることは出来ないが、この量・質の高さは、矢島ゼミの伝統として、これからも維持していきたいと思う。
今年のゼミ3年生、そして来年度の新3年ゼミ生に期待したい。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆