2002年11月23日

通信教育採点速報版

 昨日、喉が痛く、頭がボーとし、胃の当たりがいくらかむかむかしていたので、11時少し過ぎに床についた。本日は午後2時まで寝ていた。15時間ほど寝たことになる。ようやくすっきりした。
さて本日、通信教育の解答用紙が送られてきた。急ぐというので、他の仕事を後回しにして、こちらから始めた。
で、その結果は・・・。
4回分、計42枚の解答用紙。問題は1回目がコント社会学、2回目がデュルケム社会学、3回目がテンニェス社会学、そして4回目がジンメル社会学。採点結果は、Aが4名、Bが3名、Cが4名、Dが31名であった。
夏期スクーリング時に比べてすこぶる出来が悪い。特に、1回目と2回目の試験結果は絶望的である。
白紙の解答用紙にこういうことが書かれていた。「昨年と比較すると、出題傾向が読めません。勉強不足と言われればそれまでですが、昨年と今年の課題では、私としては差がありすぎると思います。出題範囲を指定して下さるか、『白門』にヒントを記載するなどしていただけないでしょうか?。範囲が広すぎて困ります。」
その通り。昨年と問題傾向はかなり違う。また、社会学という学問は法学以上に研究範囲が広いのだ。
しかし、そのヒントは既に『白門』に掲載されている。10月号に私が書いた「スクーリング初体験記」である。
これを読めば、昨年までの出題者が私でないことが分かるし、夏期スクーリングでどの様な講義がなされたかわかる。これこそがヒント。この方は残念ながらこの記事を読まなかったのであろう。たとえ読んだとしても、いい加減に斜め読みしたのであろう。
さらに、通教生同志の情報伝達が欠如しているようである。情報のないところに対策無しである。
4回目の解答用紙からは、それなりに良くできている解答用紙が出てきた。ようやく情報が伝達されるようになったのではと思う。
このホームページをご覧の通教生に。夏期スクーリングを受講して、試験を受ける、これがベストです。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆