2002年09月27日

現代社会研究

 現代社会研究の講義が始まった。講義内容は「女性同性愛者のライフヒストリー」。
5月29日現在の手元の名簿で見ると、履修者は166名。内、社会学科の学生は96名(58%)、他学科の学生は56名(34%)、そして他学部と大妻女子大の学生は14名(8%)である。
また、名前から推測して男性と思われる学生は65名(39%)、女性と思われる学生は101名(61%)である。
他学科・学部の学生が多いことと、女性の多いことが特徴である。
女性は性を頭で・理屈で追究したがり、男性は性を下半身で・行動で追求したがるのであろうか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆