2002年03月31日

履修者の皆さんへ

 今年度私の科目を履修しようと思っている中央大学学部学生の皆さんへ。
前期の社会問題は、昨年とまったく異なり、きわめてオーソドックスな講義内容となります。社会問題の基本を講義します。
後期の現代社会研究は、昨年と同様、『女性同性愛者のライフヒストリー』をテキストに用いて、かなりきわどい講義をします。これは、昨年度の「社会問題」を受講した学生にとっては、その継続となります。ただし、昨年度「社会問題」をとっていなくても、何ら差し障りありません。
社会学史は、今年度は私ではありません。よって、昨年度単位を落とした学生は最初からやり直しと思っていたほうがよいでしょう。

ゼミは昨年同様のやり方にしようと思っています。
以上ですが、詳しいことは講義要項をご覧下さい。

なお、既にこのホームページを見ている人はご存知のことですが、つい最近大きな手術をしました。それで今年1年間は無理ができません。よって、今までのような精力的な講義は無理かもしれません。あしからず。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆