2001年08月26日

第8弾・3つの祭り

 本日は、東京レズビアン・アンド・ゲイ・フェスティバル。
原宿の駅を降り、代々木公園に向かうと、東京よさこい祭りとかいうのが行われていた。
「東京で何でよさこいなのだ。アホか」「浅草のリオカーニバルよりひどい」「浅草の場合には、衰退する町の復興ということもあるし、世界的なリオカーニバルを日本で・・・」という意義と意気込みもあるので、浦安のディズニーランドよりよほどましだが、「よさこいとはなさけない」と思いつつ、レズビアン・ゲイ・フェスティバルに向かう。
フェスティバルは実に盛大であった。私は久しぶりの参加であったが、今まで体験した中では最高の盛大さである。5〜6千人は参加したであろうか。ホントに自由気ままな、祭りであった。
ただし、アカーさんは、他のグループとはやはり異色、パレードというよりもデモ行進的、シュプレヒコールなんてやっており、浮いていた。
パレードを見ながら原宿・渋谷を歩くうち、例の「よさこい」に遭遇した。
野次馬根性で見ると、これがすごい、たいしたもの、かっこいい、先程の評価は一変。思わず魅入られてしまった。とにかく見せる・聞かせる。本場の阿波踊りを見たことがあるが、それ以来の興奮であった。
帰ってきて、我が家の町内の盆踊り、相変わらずの「炭坑節」である。
この3つの祭り、それぞれが祭りの典型を表していた。芸術的にも、見て素晴らしいのも、「よさこい」である。ただし、これは一般の人々は「見る」という参加しかできない。踊るグループは、組織があり、スポンサーがあり、音楽担当・踊り担当・衣装担当・等々のプロないしセミプロのスタッフがいて、何ヶ月も特訓して、本番に臨むのである。大きなそして有名な祭り・見せる祭りはこういった祭りであろう。
レズビアン・ゲイ・フェスティバルは、参加自由、飛び入り自由、ほとんどただ歩くだけ。練習も何も要らない。少数の各グループが思い思いの衣装を見せるが、そしてスタッフの苦労は大変であろうが、参加者にとってはなんの準備も不用。ただし、各町内でやれるものではない。やはり特殊パレードである。
全国各地の町単位でやれるものと言えば今のところ夏祭りくらいであろう。昔ながらの光景である。御輿・夜店・盆踊りという3大催し、そして浴衣。
この3つの組み合わせ、これが日本の祭りなのかもしれない。今日は一日でこの3つを味わってしまった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆