2020年05月24日

第3回AbemaTVトーナメント予選

 昨日の土曜日、すごいテレビを見てしまった。
 「ABEMAで第3回AbemaTVトーナメント予選Cリーグ第1試合」である。プロ将棋の団体戦とは、私としては、初めてである。

 予選Cリーグは、
チーム康光(佐藤康光九段、谷川浩司九段、森内俊之九段)
チーム糸谷(糸谷哲郎八段、高見泰地七段、都成竜馬六段)
チーム木村(木村一基王位、行方尚史九段、野月浩貴八段)
の3チーム。

 昨日は、「チーム康光」対「チーム糸谷」。すごい早指しの将棋戦。持ち時間5分・指し時間5秒。手に汗握る盤上の戦いである。もちろん私は「チーム康光」を応援。

 第一戦・3回勝負は、谷川浩司九段対都成竜馬六段。子弟戦である。1勝2敗で谷川が敗れる。
 第二戦・3回勝負は、森内俊之九段対高見泰地七段。2勝1敗で森内が勝つ。これで引き分け。
 第三戦・3回勝負は、佐藤康光九段対糸谷哲郎七段。2勝1敗で佐藤が勝つ。これで、「チーム康光」の勝利。ポイント1を得る。なお、佐藤も糸谷も、居飛車・矢倉戦法。

 熱戦5時間以上。すべて見てしまった。寝たのは明るくなってから。そして、日曜日のNHKの将棋を見たのだが、半分、うとうとしていた。

 来週も土曜日にある。今度はどこの戦いか。「チーム康光」対「チーム木村」だと、どちらも応援したい。
 まだネットにて公開しているので、将棋好きで暇な方は見ていただきたい。(2483)
posted by 矢島正見 at 23:00| 我流雑筆