2020年04月23日

果たして…―新型コロナウィルス対策・その7

 ネットニュースから。「緊急事態宣言から2週間が過ぎた4月21日、NTTドコモの「モバイル空間統計」をもとにしたデータによれば、東京中心部の人出は6〜7割程度、減ったことがわかった。」

 確か、接触8割減ならば、2週間後から急速に収束に向かう、ということであった。しかし、7割減ではごくなだらかな長期的収束であり、6割減では収束はおろか、増加が続く、ということだった。私の聞いた範囲で、記憶している範囲では、こうだった。

 さて、これから緊急事態宣言の効果が現れてくるのか否か。そして、緊急事態宣言はいつまで続くのか否か。未だに五里霧中である。(2467)
posted by 矢島正見 at 03:14| 我流雑筆