2020年04月22日

位置情報システム調査―新型コロナウィルス対策・その6

「携帯電話の位置情報をもとに特定の範囲内にいる人の数を推計するドコモのデータを、朝日新聞が取材のために提供を受けて集計した。最初に緊急事態宣言が出た7都府県を対象に、出勤7割減の要請後の都市部20地区の人出の減り具合を調べた。」

 そうですね。地理情報システムを活用する方法がありました。これも一つの実証性として高いです。
 行政だけでなく、民間もそれぞれの方法を用いて、実証の検証をしているようです。とても良いことです。
 欲を言えば、20地区ではなく1000地区欲しかったです。(2466)
posted by 矢島正見 at 19:28| 我流雑筆