2020年04月09日

パンデミックA/4

 中国が大被害にあった頃は、トランプ氏は悠然としていましたね。もしかして、「ここは、中国をたたく大チャンス」とでも思っていたのでしょうか。
 ところが今は逆転、習氏がきっと大笑いしていることでしょう。アメリカの被害状況が長期化すれば、政治力と経済力で中国が有利に立つのではないでしょうか。

 西欧諸国を襲ったペストでは、その後、西欧諸国の政治勢力が大きく変わったということです。
 新大陸に渡ったスペイン人がもたらした菌・ウィルスによって、当時1億人ほどいたカリブ海諸島や中南米の人口が数百万人になってしまい、その後、新大陸の人は白人に奴隷化され、それでも労働者不足ということで、アフリカで奴隷狩りが行なわれるという悲劇の歴史に見舞われました。
 また、スペイン風邪(A型インフルエンザウィルス)では5億人感染したと言われております。当時の世界人口の4分の1です。死者は数千万人と言われています。
 ペストは西欧諸国だけでしたが、19世紀初頭、グローバル化した世界では、世界中に感染が広がっていったわけです。グローバル化は何でも国際的にします。
 現在、世界人口の4分の1だと、およそ20憶人が感染するということです。(2458)
posted by 矢島正見 at 17:52| 我流雑筆