2020年04月04日

『ダブル・ライフを生きる〈私〉』

 『ダブル・ライフを生きる〈私〉―――家族に犯罪者をもつということ』を読む。
 この本も、しっかりと良く出来上がっている。犯罪者家族への聞き取り調査から得られた知見に基づいての考察である。
 私との縁で言うと、著者は日工祖社会安全研究財団助成を申請し、それを私が選考している。また、私の関係する二つの学術団体に論文を投稿している。
 こうした研究の成果を集大成したのが本書である。
 なお蛇足ながら、助成を受けた財団が「公益社団法人」となっているが、これは「公益財団法人」である。(2456)
posted by 矢島正見 at 17:49| 我流雑筆