2020年03月09日

蝗害(こうがい)@

 日本がコロナウィルスで大騒ぎしている間に、世界ではすごいことが起こっていた。私が知らなかっただけかもしれないが、少なくとも日本のテレビでは、この情報を聞いたことがない。
 エチオピア、ケニア、ソマリア、サウジアラビア、イエメン、イラン、パキスタン、等で、大量のサバクトビバッタが発生し、蝗害(こうがい)が起こっているというのだ。コロナウィルスよりもすさまじい。以下に、引用する。

「バッタ大量襲来で食糧危機 アフリカ東部、過去70年間で最悪の状況」(2/4(火) 19:06配信)

「ケニアでは過去70年間、エチオピアやソマリアでは過去25年間で最悪の状況─ソマリアは国家非常事態を宣言」

「バッタが大量に発生して農作物や牧草を食い荒らす「蝗害(こうがい)」がアフリカ東部で深刻な被害をもたらしている。ケニアでは過去70年間、エチオピアやソマリアでは過去25年間で最悪の状況だ。」

「国際連合食糧農業機関(FAO)は、「非常に深刻で前例のない脅威である」とし、「何らかの対処をしなければ、2020年6月までにバッタの数が500倍に増大し、ウガンダと南スーダンにまで被害が拡散するおそれがある」と警鐘をならしている。」

■ インド洋の海面温度があがり、昨年の降雨量が最多の影響で

「体重およそ2グラムのサバクトビバッタは自重と同量の食料を毎日摂取し、1日あたり150キロメートルを移動する能力を持つ。1平方キロメートルあたり1億5000万匹のサバクトビバッタが3万5000人の一日分の食料に相当する農作物を毎日消費し、短期間で繁殖しながら長距離を移動するため、広範囲にわたって脅威となる。地域住民の食料のみならず、家畜用飼料も不足し、農業や畜産業に大きな被害をもたらす。」

「東アフリカでは2019年10月から12月までの雨季の降雨量が過去40年間で最多となった。インド洋西部の海面温度が上昇する「インド洋ダイポールモード現象」という気候変動がもたらしたと考えられている。高温と大雨は繁殖に適した環境であることから、サバクトビバッタが大量に発生したとみられている。」

「FAOの予測によると、ケニアでは、モスクワの面積に相当する2400平方キロメートルにわたって2000億匹のサバクトビバッタの大群が押し寄せ、すでに約7万ヘクタールが被害を受けた。」

「ケニアのピーター・ムニャ内閣官房長官は、1月15日、飛行機を用いた防除作業を3回にわたって実施する方針を明らかにしている。」

「また、ソマリア政府は2日、国家非常事態を宣言した。蝗害はアフリカ東部のみにとどまらない。サウジアラビアやイエメンの紅海沿岸、イラン南部、インドやパキスタンでも同様に、蝗害の発生リスクが指摘されている。」

■ 国連も支援を発表、緊急支援を呼びかけ

「人道問題担当のマーク・ルーコック国連事務次長は、1月23日、東アフリカでのサバクトビバッタの大量発生に伴う被害への対策として、国連中央緊急対応基金(CERF)から1000万ドル(約10億8500万円)を充てることを発表した。」

「FAOでは、最も深刻な被害を受けているエチオピア、ケニア、ソマリアの3カ国を対象に、防除作業と住民の生活保護に向けて7000万ドル(約75億9500万円)の緊急支援を呼びかけている。」

(松岡由希子)(最終更新:2/4(火) 19:06 ニューズウィーク日本版)(2447)
posted by 矢島正見 at 16:13| 我流雑筆