2020年02月15日

『ビッグ・クエスチョン』A/4

 しかし、それでも面白い。ビッグバンの始まりは特異点。素粒子よりも小さな点から始まった。無限大の密度をもった一点である。ビッグバン以前には、時間も空間もない。
 空間がないということは、まったくの無である。空間の中に何もない、ということとは全く違う。
 時間がないということは、過去も現在も未来もないということであり、因果関係が成立しないということだ。したがって、「何故ビッグバンが起こったのか」という問はナンセンスである。それはビッグバンによって時間が出来た以降の問でしかない。ビッグバン以前に、その原因を問うことはできない。原因と結果は時間があるからこそ、成立するのだから。

 ブラックホールについては、「我流雑筆」の『宇宙はなぜブラックホールを造ったのか』(2361)で述べた。
 再度確認することは、ブラックホールにも時間と空間がないということだ。ブラックホールの入口は入る直前まで未だブラックホールではないので時間がある。ブラックホールの出口も出たところからはブラックホールではないので時間がある。その間は時間も空間もない。不思議である。人間で例えるならば、物を食べた。それはわかる。ウンコが出た。それもわかる。その間がわからない、ということだ。
 だいたい、ブラックホールには出口があるのだろうか。あるとして、出口と入口は同じなのではないか、いや、もしかしたら出口は外宇宙にあるのではないだろうか。そうなると、ブラックホールは現宇宙と他宇宙との繋ぎということになる。

 ところで、「エントロピー」というのが、どうもわからない。無秩序だとか、無秩序の量子・エネルギーだとか、宇宙を無秩序としての力学だとか。さっぱりわからない(ネットで検索してもわからない)。
 わかることは、宇宙物理学と量子力学とが、学問的には限りなく接近しているということだ。とてつもなく巨大な領域の学問ととてつもなく微小な領域の学問との二つが統合化しないと、宇宙の真の解明はできない、ということだ。気の遠くなるような学問である。

 欲を言えば、宇宙誕生の137億年前(138憶年前と書かれていることもある)から現在に至るまでの宇宙史、ビッグバン初期の状態、特に物質と反物質との関係、水素とヘリウムの発生、そして銀河の生成という宇宙史が欲しかった。
 また、全宇宙の80%以上を占めるダークマター(ダークエネルギー)についての解説が欲しかった。
 さらに無いものねだりで言えば、これからの宇宙の予測。太陽系の滅亡、銀河の滅亡、宇宙の滅亡を描いて欲しかった。(2438)
posted by 矢島正見 at 17:26| 我流雑筆