2019年06月27日

『宇宙はなぜブラックホールを造ったのか』

 谷口義明『宇宙はなぜブラックホールを造ったのか』(光文社新書)を読んだ。
 この類の本は私の好きな領域である。正直言って、犯罪学のお堅い本よりも面白い。
 いつもならば一日で読めるのだが、今回は3日かかった。もたもたしていたこともあるが、かなり難解な書であった。一般者向けの書ではあるが、専門がちりばめられた書でもあった。

 しかし、やはり面白い。その一例。
 宇宙が始まってから138億年。意外と宇宙は若い。いや、幼い。人の年齢であるならば乳児期である。
 太陽質量の(つまり太陽と同じほどの質量をもつ)ブラックホールは10の66乗年で消滅する。
 銀河質量(太陽の1000億倍)のブラックホールは10の99乗年で消滅する。
 銀河団質量(太陽の1000億倍の1万倍)のブラックホールは10の111乗年で消滅する。
 ここで宇宙は死を迎える。随分と先のことである。

 宇宙の最後は「ビッグフリーズ」と言われており、拡大化を遂げた全宇宙空間が絶対温度と化す、と言う。
 その前に、太陽は今から50憶年後に消滅する。太陽程の恒星の寿命は100憶年であるので、今の太陽の年齢はちょうど寿命の半分に達したということである。もちろん、太陽の消滅は地球の消滅でもある。
 さらに50憶年後頃に、天の川銀河とアンドロメダ銀河が合体する。超巨大な銀河が発生し、超巨大なブラックホールが出来上がるということである。
 1000億年後、宇宙の拡大化に伴って、周りの宇宙は観られなくなる。肉眼で見えるほどの近くに星が無くなってしまうからだ。つまり、天空に星はなくなる。ただの暗黒の夜であるが、その頃太陽系は無くなっているので、私たちにとってはどちらでもよいことだ。

 10の34乗年後、原子は死滅する。原子にも生死があったのだ。
 10の100乗年後、ダークマターのエネルギーが未だ存在すると仮定すると、未だ宇宙は存在する。しかし、上記したように全宇宙空間が絶対温度となる原子すら死滅した宇宙となる。ダークマターエネルギーだけがある宇宙ということか。

 学問のスケールがすごい。重箱の隅を爪楊枝でつつくような、涙無くして語れないという人間愛イデオロギーで包まれた超ミクロの学問はげんなりするが、とは言え、こうした超マクロの学問は私の大脳ではまったく着いて行けない。
 しかし、だからこそ、ファンタジーがあり、楽しい。男のファンタジーは人間の喜怒哀楽を超えた(もっと言えば、人類の滅亡など関係ない)巨大なスケールの時空間に在り、女のファンタジーは喜怒哀楽の関係性の真っただ中のミクロな感情世界にあるようだ。(2361)
posted by 矢島正見 at 22:20| 我流雑筆