2019年04月12日

「矢島正見先生を囲む会」のご案内

「矢島正見先生を囲む会」のご案内

矢島ゼミ卒業生のみなさまへ

長年にわたって中央大学で教鞭をとられた矢島正見先生が、昨年ご退職されました。
つきましては先生の最終講義と、先生の学恩に対して感謝申し上げる場を持ちたいと有志よりご相談させていただいたところ、先生からご快諾をいただき、このたび「囲む会」を開催する運びとなりました。
詳細は、以下の通りです。万障お繰り合わせの上、ぜひご参加ください。

<日時> 2019年5月11日(土)13時20分開始〜18時
<会場> かながわサイエンスパーク 7階708会議室
     http://www.ksp.or.jp/access/
     東急田園都市線・大井町線 溝の口駅/JR南武線 武蔵溝ノ口駅 徒歩約15分
     または溝の口駅北口バスターミナル9番乗り場から、KSP行き無料シャトルバスにて約5分
<会費> 講義: 3,000円(資料代込)
     懇親会:7,000円
   *お子様連れも歓迎(ドリンク料金1,000円程度のみ。未就学児無料)
<申込> 一般財団法人青少年問題研究会 info@seishonen.net
      *会場予約の関係上、4月14日(日)までにお願いいたします。
<当日のプログラム>
  13時00分  受付開始(7階708会議室)
  13時20分 開会の挨拶
 第1部:最終講義
  13時30分〜14時30分
   前半の部:専門研究編「犯罪社会学の裏街道をゆく――逸脱した逸脱の社会学」
  14時40分〜15時40分
   後半の部:自分史編「何故私は非行に走らなかったか」
 第2部:懇親会(会場は施設内で調整中)
  16時00分〜18時00分

*駅からのシャトルバスは00分、20分、40分の発車です。時刻表をご確認ください。
*会場には宿泊施設も併設されています(残り部屋数が少ないです。必要な方は各自手配ください)
*駐車場もあります(1台当たり1,000円)。

「矢島正見先生を囲む会」有志一同(2343)
posted by 矢島正見 at 22:32| 我流雑筆

『観音妖女』

 白石一郎の『観音妖女―十時半睡事件張』を読んだ。
 昨年『包丁ざむらい―十時半睡事件張』を読んだ。『我流雑筆(2287)』にて記してある。その十時半睡事件張シリーズの第二弾である。
 「第一話」から「第八話」までの8本の短編小説が掲載されている。この小説はのんびりと読むことが出来る。唐木順三の困難な本を読んだ後なので、なおさらそのように思える。第一弾はたしか長塚節の『土』を読んだあとで、やはり和んだ記憶がある。(2342)
posted by 矢島正見 at 09:47| 我流雑筆