2018年09月30日

『土』D

 しかし、気に食わないところもある。嫁の「お品」を早く死なせすぎた。もう少し生かせておいたほうが、貧乏の辛さがよくわかる。お品の貧乏描写がすぐに終わってしまったのは、物足りない。お品はもっともっと苦労して、惨めに生きて惨めに死んでいったほうが小説としてはよかった。
 その点、祖父の「卯平」は長く生き過ぎた。80歳をとうに過ぎ、小説の最後の最後まで生きていた。盛り上がりも何もなく、ただそれなりに貧しいというだけで生かせ過ぎた。後半の部分あたりで死なせたほうがよかった。たった一人で意地を張って働き、たった一人で生き、たった一人で死んでいったほうがよかった。たとえば、麦飯を口の中にほおばったままの死骸が土間に落ちていた、という描写でよかった。
 娘の「おつぎ」は、婚期を逸してしまったようだ。父の勘次(お品の夫)に従順過ぎた。また、出来過ぎの娘として描かれている。自然描写と言いながら価値が混入している。
 このおつぎに関しては、当時の平均的人生行路の描写として、年齢的にやや遅い結婚をして、同じ村に住むという物語の展開でよかった。それでこそが自然主義・写実主義小説であろう。
 「与吉(勘次の息子・おつぎの弟)」は、最後までだらしなかった。既に数えで10歳か、それ以上になったであろうに、卯平に小遣い(五厘・一銭)をねだるだけの存在だ。
 既に、極貧の農家であるならば、労働力として生活の一端を担い出していなくてはならないはずなのに、最後の最後まで、役立たずの、銭をねだり、食い物をねだるだけの子倅として描かれている。
 小学校を卒業したら働き手になるだろうという勘次の認識は、極貧家族の認識ではない。子どもは学校に行けずに働かざるを得ないのが大正時代の極貧家族である。(2273)
posted by 矢島正見 at 17:30| 我流雑筆

2018年09月28日

『土』C

 漱石は、このような小説家は日本では一人もいないと書いている。文庫本(新潮社、昭和25年)の解説者・和田伝もそのように書いている。確かにいないであろう。
 私のごく狭い読書歴の範囲に限定して思い浮かべてみると、田山花袋(特に『田舎教師』)、有島武郎(特に『カインの末裔』)、大岡昇平(特に『俘虜記』『野火』)、北杜夫『楡家の人々』、そして新田次郎、吉村昭と浮かんでくるが、違う。自然主義・写実主義・実写主義等という表現次元のイズムでも違いがあるし、極貧の人々の世界や時代性にも違いがある。せいぜい近いのは戦前の極貧の小作農を描いた『カインの末裔』程度であろう。外国では、パールバックの『大地』以外は思い浮かばない。(2272)
posted by 矢島正見 at 22:23| 我流雑筆

2018年09月27日

『土』B

 最初の出だしだけ引用してみる。文庫本では縦読みの6行、ネットでは横読みの3行である。
 「烈しい西風が目に見えぬ大きな塊をごうつと打ちつけては又ごうつと打うちつけて皆痩せこけた落葉木の林を一日苛め通した。木の枝は時々ひう/\と悲痛の響きを立てゝ泣いた。短かい冬の日はもう落かけて黄色な光を放射しつゝ目叩いた。さうして西風はどうかするとぱつたり止んで終つたかと思ふ程靜かになつた。泥を拗切つて投げたやうな雲が不規則に林の上に凝然とひつゝいて居ゐて空はまだ騷がしいことを示して居る。それで時々は思ひ出したやうに木の枝がざわ/″\と鳴なる。世間が俄に心ぼそくなつた。」
 名文とは思うのだが、読むのはつらい。これが文庫で350頁続くのだ。(2271)
posted by 矢島正見 at 11:40| 我流雑筆

2018年09月22日

『土』A

 大変な苦労をして読み終えた。他の雑用をしつつだが、まるまる六日かかった。
 初めは文庫本で読みだした。黄土色と化した文字の極めて小さな文庫本は、それだけでも疲れた。
 ネットで検索してみると、小説そのものが出てきた。いくらか文字も大きく読みやすいと思い、今度はそちらで読みだした。
 しかし、画面で読むと、チカチカして目が疲れる。おまけに、初版本であり、文庫本以上に表現が古く、ルビは降ってあるものの、すごい漢字・かな文となっている。
 結局、文庫で読んで疲れるとネットで読み、ネットで読んで疲れると文庫で読む、という、交互に繰り返しとなった。
 おかげで、その間、一行も論文執筆は進まなかった。しかし、時代性を読み込む基礎知識としては有効であった。
 当時は、米さえ食えていれば、貧乏ではあっても極貧ではなかった。相対的貧困はほぼ絶対的貧困でもあった。また、貧乏人は清らかではなかった。したたかであり、狡猾であった。まあ、そんなことは、黒澤明の『七人の侍』を観ればわかることだが。(2270)
posted by 矢島正見 at 18:44| 我流雑筆

2018年09月20日

『土』@

 長塚節の『土』を読んだ。今まで、二度読むのを挫折した本だ。同じように挫折したのは、この本を高く評価した夏目漱石の『草枕』だ。『草枕』は、数年前、三度目に挑戦して読了した。今回は『土』に挑んだ。
 異色の小説である。『草枕』よりはいくらか物語性はあるが、とにかく読むのが苦しい。漱石自体そのように言っているのだから、私が苦しいのは当然である。
 漢字・仮名遣いがわからない。方言がわからない。起承転結がない。しかし、『草枕』よりも、記述が生き生きとしている。理屈だけの小説ではない。自然の世界と人々の喜怒哀楽の世界が混然一体となって、なんの変哲もなく話は進んでいく。
 二十八節が、小さなエピソードを物語として、結局は、元の生きていくしかない日常へと戻っていく。(2269)
posted by 矢島正見 at 12:37| 我流雑筆

2018年09月15日

『青少年の性行動』

 『青少年の性行動―わが国の中学生・高校生・大学生に関する第8回調査報告―』が送られてきた。この調査はすごい調査である。時系列調査のすごさを遺憾なく発揮している。しっかりとした組織がない限りこうした調査はできない。日本性教育協会に敬服する。さらに一般財団法人日本児童教育振興財団に敬服する。
 今回の調査結果がまた面白い。青少年の性に対しての保守化(純愛化)がさらに進んでいる。草食系は男子だけでなく、女子にも及んでいる。若い者はすべて性に対して消極的であり、潔癖性を増している。
 ただし、前回調査ほどの激しい変化はない。前回の画期的な性行動の逆転作用が、今回はなだらかにさらに継続しているといったところである。
 この傾向は次の調査でもおそらく続くように思われる。若い者は皆、性に対して潔癖になり、隠しごとになり、下半身よりも上半身に関心が集中し、清らかなメルヘンを抱きだしている。
 1960年代から20世紀までは女性の男性化であり、スケベありきの性欲ありきの性愛であったが、21世紀からは男性の女性化が進行しているようである。
 それは最近の流行歌の歌詞でもよくわかる。今流行りの歌の歌詞は感情を甘く訴えるだけの内容だったり、青春励まし合いだったりである。「あなたが望むなら私何をされてもいいわ」だとか「やめて、本気でないなら」だとか「ベッドで煙草を吸わないで」なんて歌詞はない。
 何だか、戦前に帰ったような純情ソングである。そのうち、「純情」だとか「純潔」「清純」なんて言葉が流行るのではないだろうか。
 「愛」は「清らかなもの」でなくてはなのないものという意識が十代・二十代の人たちで強まってきているように思える。「汚れた愛」「醜い愛」「偽りの恋」「一夜だけの恋」「躰だけの関係」などは、流行遅れである。
 もちろん悲しみも、「清らかな悲しみ」でなくてはならない。「汚れちまった悲しみ」などは嫌悪され、軽蔑されるだけである。(2268)
posted by 矢島正見 at 22:52| 我流雑筆

2018年09月09日

『若山牧水』J(完)

 医師のカルテには、朝・昼・午後・夕・夜間に、計1000mlの酒を飲んでいる。死ぬ三日前のことである。志ん生もすごかったが、牧水もすごい。酒と旅を愛した歌人の生涯であった。(2267)
posted by 矢島正見 at 19:08| 我流雑筆

2018年09月07日

『若山牧水』I

 その間、牧水は雑誌創刊に狂ったようにはまっていく。資金なし・出版技量なし・そして経営能力なし。雑誌はほとんど創刊号で廃刊。にもかかわらず、それを十回ほど繰り返している。
 二人で食う・飲むだけなら短歌や紀行文の原稿料・印税だけで生活できただろうが、何故か雑誌の出版に情熱を傾ける。まさに「殿、ご乱心」である。
 大正の後半から昭和初期にかけて、資金を捻出するために、全国を駆け巡る。「牧水来たる!」ということで「半折短冊揮毫会」が開催される。揮毫行脚の旅であり、既に魂の流浪ではなかった。まさに、江戸時代の一茶であった。資金集めのためのお得意様への出張である。
 そして、昭和3年9月、43歳で亡くなった。長く生きてなくてよかったと思う。(2266)
posted by 矢島正見 at 01:27| 我流雑筆

2018年09月05日

『若山牧水』H

 小枝子、牧水の最初の女。一歳年上の女。牧水好みのタイプだったという。しかし、小枝子は結婚しており、二人の子どもがいた。
 ここから「流浪する魂」が始まる。館山根本、甲州から信州。小枝子との五年間の逃避行である。五年間の苦しみが始まる。明治末のことだった。秀逸の短歌はこの頃に多い。
 二人目の女、五歳年下の女、そして妻、太田喜志子。誘い出し、家出をさせて、同棲する。新宿二丁目の二階の下宿。明治末年・大正初年のこと。
 しかし、正式に結婚(婚姻届け)するのはしばらくたってからのこと。結婚式も何もない、親にも知らせていない。喜志子にとっては日陰の女としての生活の始まりだった。喜志子は牧水の酒を買うために内職(和裁)をした。
 この辺の大岡の筆はすごい。牧水の生活のすごさがそうさせているのだろう。(2265)
posted by 矢島正見 at 11:21| 我流雑筆

2018年09月03日

『若山牧水』G

 牧水最後の地、駿河湾千本松原、戦前までは絶景だったという。「長さにして4里半、幅は百間以上」だったという。
 「今はもう見る影もない」とは、その地に生まれた大岡氏の言だが、それでも何故か、世界遺産となっている。自然を破壊したのも人間の欲、世界遺産にしたのも人間の欲である。
 日本は太平洋戦争からおかしくなったのでなく、明治維新からおかしくなったのである。そのおかしさは今でも続いている。(2264)
posted by 矢島正見 at 00:29| 我流雑筆

2018年09月02日

『若山牧水』F

 牧水が旅に求めたものは水源だったと大岡は述べている。利根川の水源への旅、信濃川の水源への旅、等々、牧水は、海から河へ、河から川へ、川から湖・沼へと、里を抜け、山をかき分け、渓谷に分け入り、水源を目指したという。
 正岡子規は「坂の上の雲」を目指した。自己主張が強く、短歌文学に金字塔を打ちたてるという野心を抱き、頂上の雲を求めるという名声願望が見え隠れする。牧水にはそれが希薄である。牧水は頂上の雲ではなく、水源の水を求めたのである。(2263)
posted by 矢島正見 at 13:21| 我流雑筆