2018年08月03日

『気ままに警備保障論2』『警備ビジネスで読み解く日本』

 田中智仁氏の2つの書籍『気ままに警備保障論』『警備ビジネスで読み解く日本』を読んだ。今年の6月のほぼ同時に出版された書籍である。
 若い研究者の頑張り様が分かる書籍であり、また、若い研究者の表現能力の素晴らしさがわかる書籍である。
 『気ままに警備保障論2』は前書『気ままに警備保障論』の続きである。前書同様『警備新報』連載の専門随筆である。それ故に「第41回」からスタートしている。「第80回」まで掲載されているが、まだ続いているようなので、そのうち『気ままに警備保障論3』が出ることであろう。継続する力は大したものである。
 『警備ビジネスで読み解く日本』は、新書(光文社)であり、氏の新書初執筆という栄光の一冊である。実に要領よく、分かりやすく書かれている。これ一冊読めば、日本の警備業のすべてがわかる。お勧めの本である。(2250)
posted by 矢島正見 at 12:17| 我流雑筆