2018年06月29日

同級会

 高校時代のクラス会(といっても、拡大幹事会)をした。12名も集まった。2つのテーブルを連結させて呑んだ。
 しかし、周りが実にうるさい。両隣の人の話はどうにか聞き取ることが出来るのだが、その隣や向かい側の人の話はかなり聴き辛い。耳に手を当てて聞いてもよくわからない。
 こうした状況が3時間に及んだ。これは疲れた。酒で頭がふらふらになったのではなく、「聞く」ということの困難を耐え忍んで、ふらふらになってしまった。がっくりと疲れた。(2235)
posted by 矢島正見 at 12:59| 我流雑筆