2018年04月29日

『居場所』

 『居場所―生の回復と充溢のトポス』を読んだ。これは一般読者向けに書かれており、わかりやすい本である。テーマも『居場所』なので、一般の人たちの興味あるところであろう。しかもお値段も手ごろである。(2217)
posted by 矢島正見 at 23:22| 我流雑筆

『人口減少社会と高校魅力化プロジェクト―地域人材育成の教育社会学―』

 『人口減少社会と高校魅力化プロジェクト―地域人材育成の教育社会学―』を読んだ。これも専門性が高い。しかし、その割には安い。お買い得である。教育行政に携わる人にとっては必読の本である。(2216)
posted by 矢島正見 at 23:20| 我流雑筆

『中学生の学校適応と生徒指導に関する研究』

 『中学生の学校適応と生徒指導に関する研究』を読んだ。博士論文をまとめて本にしたものである。よって、極めて専門性の高い内容となっている。
 この種の本は、売れる本ではないので、値段が高い。それが玉に傷である。(2215)
posted by 矢島正見 at 23:18| 我流雑筆

情状鑑定と判決前調査

『刑事裁判における人間行動科学の寄与―情状鑑定と判決前調査』を読んだ。サブタイトルに示すように、近年重要視されてきている「情状鑑定と判決前調査」に関しての専門家集団の最新の論考であり、かなり重みのある専門書籍である。値段が高いので、主に研究者と弁護士が買うのではないだろうか。(2214)
posted by 矢島正見 at 23:13| 我流雑筆