2018年04月19日

うんこの話E 『おしりたんてい』

 子どもの物語に『おしりたんてい』というシリーズがある。おしりたんていが謎を解くというものだ。
 そのおしりたんていは顔が尻の形をしている。顔が尻になっていると言っても過言ではない。髪の毛・眉毛・目はあるが、耳・鼻・口は描かれていない。
 いつも最後に定番のシーンがある。おしりたんていが息を大きく吸い込んで、すさまじい勢いで息を吹き出すのだ。ということは、見えないところに(お尻型の顔の割れ目に)鼻と口があるのかもしれない。しかし、どうみても、おしりの顔からすさまじいおならをした、としか思えないのである。(2212)
posted by 矢島正見 at 00:49| 我流雑筆

うんこの話D おならも好き

 子どもは、ウンコだけでなく、おならも好きである。おならをすると「くちゃい」とか言って、大喜びする。しかし、何故なのかわからないが、おしっこはあまり人気がない。
 「屁」とはあまり言わずに「おなら」と言う。うんこでは、「便」「大便」とは言わない。「うんこ」もしくは「うんち」である。(2211)
posted by 矢島正見 at 00:45| 我流雑筆