2018年03月26日

「歴史小説」「時代小説」

 ところで、「歴史小説」「時代小説」と二つの言い方があるが、どのように違うのか、Wikipediaで調べてみたところ、「歴史小説は、主要な登場人物が歴史上実在した人物で、主要な部分はほぼ史実の通りに進められる。(略) これに対して時代小説は、架空の人物を登場させるか、実在の人物を使っても史実と違った展開をする。(略)かつて「チャンバラ」と呼ばれた劇を「時代劇」というが、その小説版と見てもいい」と書かれていた。
 どちらかというと、司馬遼太郎、海音寺潮五郎、新田次郎は歴史小説家であり、井上靖、藤沢周平、白石一郎は時代小説家と言えよう。(2203)
posted by 矢島正見 at 10:45| 我流雑筆