2018年02月28日

オリンピックの国家主義H

 オリンピックは縮小すべきである。
 まずは、あのショーと化した開会式と閉会式を素朴にすべきである。芸術の祭典ではない。派手な演出は不要である。選手入場と聖火があればそれでよい。今までの開催式と閉会式を見慣れたテレビ視聴者をがっかりさせるような、夏の全国高校野球大会の開会式程度の素朴さで十分である。
 次に競技種目を大幅に減らすべきである。肉体の祭典にもどすべきである。大会開催の都市の顔が見えるように運営すべきである。全世界から観に来た人たちをテレビで観る人たちよりも優先すべきである。
 そしてなにより、出場する選手中心に行うべきである。スポーツ選手の祭典であって、国家の祭典ではないし、スポーツ組織団体の祭典でもないし、テレビ放映の祭典でもない。(2188)
posted by 矢島正見 at 13:55| 我流雑筆