2018年01月13日

深沢七郎『笛吹川』

 傑作である。
 戦国時代、武田家三代にわたる栄枯盛衰の歴史の中で、甲斐の笛吹川の川辺に住む貧農の親子三代が生き抜いた、そして殺されていった一族史である。
 感情を押し殺し、淡々と書き綴った小説には、すごみがある。近年は、大げさな表現がはやっているようだ。ニュース番組では「あってはならないことが起こりました」と、始まった途端に、ニュースキャスターが悲痛な面差しを浮かべて述べる。地球上では、「あってはならないこと」など、毎日・毎時のように起こっているのだ。
 深沢は、そうした悲惨さを戦国時代という歴史を背景として、いぶし銀のような筆で書き綴っている。(2163)
posted by 矢島正見 at 14:30| 我流雑筆

「晴れ着トラブル」から

<晴れ着トラブル>被害総額は数千万円か 東京と神奈川(1/9(火) 11:37配信)
「「はれのひ」に注文したため、姉の晴れ着を借りるほかなく式には間に合わなかった。」
「晴れ着のレンタル・販売会社「はれのひ」(横浜市)と契約した新成人に振り袖が届かず、連絡が取れなくなった問題で、神奈川県内の警察署に「代金を払ったが店と連絡が取れない」などの相談が少なくとも60件寄せられた。被害総額は東京都内も合わせると数千万円に上る可能性もあり、神奈川県警は実態把握に乗り出した。」

 成人式の日に晴れ着が届かずに成人式に出られなかったという。晴れ着を着ないと出られないということだ。マスコミでは悲劇として扱っている。しかし、何故、成人式を行政が主催するのか。そうした根本的疑問が欠如している。
 正月の祝・盆暮の儀式、誕生祝、七五三の祝、結婚式、出産祝、還暦・古希記念、葬式、これらすべて家族が中心となって行われる。入学式・卒業式は学校が行う。それなのに何故、成人式だけ行政がでしゃばるのか。
 成人式が出来たのは、政府が、「成人の日」を国の祭日として定めて、地方自治体が中心となって地域で式典を行うと定めたからだ。元来は一族が同族の若衆に対して行なっていた元服を、国策として定めたことから始まったのである。昭和23年のことであり、昭和24年からこの施策として第一回の成人式が挙行された。
 家族・一族は無視され、式に出席すらできず、地域行政のお偉方が壇上を占め、「お父さん・お母さん、ようやく大人になりました」と感謝する間もなく、粛々と式は執り行われていく。そうした本質的なことを、も少しマスコミ・ジャーナリストは問題化すべきではないだろうか。
 もし、七五三を、親を無視して、行政主体で行ったとしたら、いったいどうなっていくのか。もし結婚式が行政主体で行われたとしたら、人びとはどう反応するだろうか。それと同次元のこととして捉え、問題とすべきである。(2162)
posted by 矢島正見 at 11:50| 我流雑筆

羽生氏、国民栄誉賞受賞

羽生善治氏、国民栄誉賞受賞。おめでとうございます。
 将棋ファンにとっては実に嬉しいことである。(2161)
posted by 矢島正見 at 00:06| 我流雑筆