2017年10月16日

かゆい・かゆい病

 数年前から、背中から腰にかけてかゆくなった。いわゆる「老人性かいかい病」である。面白いことに、鼻の穴の周りもかゆかった。鼻をかきむしり、時には皮膚が痛み出すこともあった。
 ところが、9月の末頃から背中と腰だけでなく、胸・腹・脇腹・腕・脚もかゆくなってしまった。つまり、ほとんど全身かゆくなってしまったのだ。
 以前も、かゆくて掻くと、掻き傷が出来て、下着に血の斑点がついていたのだが、今では、全身に赤い掻き傷が残り、全身血だらけの状態である。掻かなければよいのだが、どうしても掻きたくなってしまう。
 面白いことに、このような状態になってからは、何故か鼻の穴の周りはさほどかゆくなくなった。不思議なことである。(2133)
posted by 矢島正見 at 14:07| 我流雑筆