2017年07月07日

「跋」

 『社会病理学的想像力』を書いたとき、「序」の対として最後の一文を「跋」とした。しかし、書籍にて「序章―終章」「はしがき―あとがき」「はじめに―おわりに」という組み合わせはよく見かけるが「序―跋」の組み合わせは見たことがなかった。
 ところが、風来山人(平賀源内)が、「放屁論」にて「自序―跋」の組み合わせを使っていることを知った。
 偉大な先人が使っていることに感動し感激し安堵した。(2106)
posted by 矢島正見 at 10:05| 我流雑筆