2017年06月04日

江戸川乱歩

日本犯罪学会機関誌『犯罪学雑誌』に江戸川乱歩「凶器としての氷」「プロバビリティーの犯罪」が掲載されている。
 江戸川乱歩といえば探偵小説の大家。日本の推理小説を確立させた人である。本名は平井太郎であり、日本犯罪学会の会員であり、編集委員であったとのこと。異色の会員である。(2095)
posted by 矢島正見 at 09:32| 我流雑筆