2017年06月30日

ウォシュレット

 面白い話を聞いた。
 優秀な学生がフランスに留学した。ところが、憧れの国で勉学できるというのに、わずかひと月ほどで帰国してきてしまった。
 理由は、文化が合わなかったということ。具体的には、ウォシュレットのない生活が耐えられなかったということ。
 これも文化の規定性であり、存在拘束性である。
 ちなみに、ウォシュレットは日本の生んだ20世紀最大の生活必需品である。ノーベル平和賞ものである。私はそう思う。政治やイデオロギー次元ばかりに捕らわれてこの賞の候補を考えているからおかしくなるのである。蛇足ながら一言。(2103)
posted by 矢島正見 at 09:50| 我流雑筆

2017年06月25日

牛の糞

 テレビを見ていて感心したことがある。
 モンゴルでは未だに厳寒の冬では牛の糞を乾かしたものに火をつけて暖房を採るという。家中に糞の匂いが立ち込めるわけだ。
 日本に来た夫婦はその匂いが懐かしいという。ところが、日本で生まれた子どもは牛の糞は臭いと嫌がる。
 これこそが文化の規定性である。存在拘束性である。人間は自覚しないままに喜怒哀楽や匂い・臭いまでも時代に規定されているのである。(2102)
posted by 矢島正見 at 13:52| 我流雑筆

2017年06月24日

発熱・その後

 ようやく熱が下がった。のどの痛みもなくなった。しかし、未だにいくらかせき込む。また、ときどき黄色い鼻水が出る。
 体重は57s台に戻った。しかし、体力だけでなく、気力も減退した。
 孫姫様にうつっていたら大変と思っていたのだが、大丈夫だった。(2101)
posted by 矢島正見 at 16:22| 我流雑筆

2017年06月23日

書き込み


 書き込みが2100回となった。順調である。(2100)
posted by 矢島正見 at 16:45| 我流雑筆

2017年06月22日

発熱

 16日、夕方から咽喉がいがらっぽくなり、17日にはのどが痛くなり、黄色い鼻水が出て、18日には咳が出て、19日には熱(37度6分)が出てきた。
 20日、ある程度良くなったので大学に行ったのだがが、帰宅して熱を計ったら37度6分だった。
 21日の早朝、悪寒が激しくなり、布団をもう一枚出し、毛布を出しても寒く、熱を計ったら38度8分あった。21日、22日と休講にした。
 22日、体温は37度2分から37度7分の間にある。咳はまだあり、黄色の鼻水も出る。
 数日間風呂で躰を洗ってなかったので、風呂に入った。すごい垢が出た。
 体重を計ったら、56.2sであった。最低を記録更新した。30年前の体重である。(2099)
posted by 矢島正見 at 18:54| 我流雑筆

2017年06月16日

研究・教育活動(業績一覧)

 45年間の活動・業績一覧を総点検している。連休前から初めて、未だに完了していない。
 活動一覧は、細かいことは書かれていないし、今となっては記憶も薄れているので、分かる範囲で訂正した。
 例えば、学会の学術奨励賞選考委員や投稿論文査読委員は何回かやっているが、何年何月から何年何月までやっていたか定かでない。大学の学生委員等もやっていた期間を思い出せない。そこで、全部省くことにした。
 問題は研究業績である。45年間の間に何度か書き方が変わっている。カテゴリーの変更もある。書き方を統一しなくてはならないし、論文等を別のカテゴリーに移行させなければならない。
 しかし、もっと大変なのは、不備が至る所にあるということだ。それをいちいち確認しなてはならない。以前書いたものを取り出して確認しなくてはならない。
 そして、そうした作業をしているうちに、もれている論文・随筆・報告書等がいくつも出てくるし、いくら探しても手元にないものもある。
 大変である。分からないところはわからないままにするとしても、点検作業は未だに続いている。(2098)
posted by 矢島正見 at 21:23| 我流雑筆

2017年06月10日

5月の酒量報告(5月1日〜31日)

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、〇…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…〇、2日…〇、3日…〇、4日…〇、5日…〇、6日…〇、7日…〇、8日…〇、9日…〇、10日…〇、11日…◎、12日…〇、13日…〇、14日…◎、15日…〇、16日…◎、17日…〇、18日…◎、19日…〇、20日…〇、21日…〇、22日…〇、23日…〇、24日…〇、25日…◎、26日…△、27日…〇、28日…〇、29日…〇、30日…〇、30日…〇。
 以上、◎…5日、〇…25日、△…1日、×…0日。
 ◎を3点、〇を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は66点であった。(2097)
posted by 矢島正見 at 11:52| 我流雑筆

5月のご報告(5月1日〜31日)

◎学内活動…大学雑務・雑用。授業準備。学部授業(講義・演習・調査実習)、大学院授業(講義・演習)。教育実習生指導。学生個別相談。4年生ゼミ論査読。社会問題ミニテスト採点。研究室会議、教授会、大学院会。総合科目運営委員会。中央大学評議員会。中央大学学員会総会。中央大学社会学・社会情報学会総会。
◎学外活動…社会病理学会理事会。一般財団法人青少年問題研究会会計監査、全体会、編集会議⇒二次会。『青少年問題』原稿読。『青少年問題』校正。『青少年問題』執筆依頼。
◎研究・執筆活動…なし。業績一覧作成(途中)。
◎読書(執筆のために読んだものは除く)…『日本遊戯思想史』『時代映画の誕生』『慟哭の海』『誰が天照大神を女に変えたのか』『写真でわかる世界の防犯』『東洋大学社会学部紀要(論文4本)』『犯罪学雑誌(論文2本)』『サイゾー(2月号、5月号、6月号)』、『キャプテン(全26巻)』、下山論文(2本)、金子論文(1本)。
◎私的活動・出来事…「ターミネーターT・U」、教員3人の飲み会。K氏と飲食。ウッドデッキ塗り。愛女帝・太大王・光大将軍お泊り(二泊三日)。虎皇帝の授業参観。(2096)
posted by 矢島正見 at 11:46| 我流雑筆

2017年06月04日

江戸川乱歩

日本犯罪学会機関誌『犯罪学雑誌』に江戸川乱歩「凶器としての氷」「プロバビリティーの犯罪」が掲載されている。
 江戸川乱歩といえば探偵小説の大家。日本の推理小説を確立させた人である。本名は平井太郎であり、日本犯罪学会の会員であり、編集委員であったとのこと。異色の会員である。(2095)
posted by 矢島正見 at 09:32| 我流雑筆