2016年09月30日

田川伊田

 福岡県立大学にて社会病理学会大会が開かれた。新理事会ではあやうく会長にさせられそうになったが、きわどいところで免れた。
 それはともかくとして、田川伊田は「炭坑節」発祥の地である。2本の煙突が記念として残っている。今となっては「あんまり 煙突が高いので さぞや お月さん 煙たかろ」というほどの高さではないが、当時としてはきわめて高かったのであろう。
 炭鉱の絵が展示されている。その中の一つは公衆風呂の絵であり、男も女も一緒に湯船につかっている。混浴が当たり前だったのだ。
 アーケードの商店街は10店に1店が開いているという状況だった。今までシャッター街をいくつか見てきたが、ここが最もすさまじい。(2001)
posted by 矢島正見 at 01:08| 我流雑筆