2016年07月03日

金子常規『兵器と戦術の日本史』「第一章」D

 とまあ、こんな内容である。「ほんまかいな」と思うと同時に、実に面白いとも思う。
 今までは、日本は任郡を拠点として、百済と連合を組んで新羅と戦ったと単純に思っていたのだが、百済と戦ったこともあるし、新羅と連合を組んだこともあるし、百済に勝ったり・負けたり、新羅に勝ったり・負けたりしている。
 しかもそれが四百年にわたる半島覇権戦争であり、と同時に倭国覇権戦争でもあったという。まさに半島―列島を舞台とした戦国時代だったのである。(1960)
posted by 矢島正見 at 10:17| 我流雑筆