2016年03月26日

定年まであと3年H

 雑然とした研究室。山のように積まれた本と書類と学生のレポート。3年のうちにこれを引き払う作業をしなくてはならないのかと思うと、それだけで憂鬱だ。
 定年後、何もしない生活へと完全に切り替えられれば、大半は廃棄処分するのだが、まだ見通しが立たない。(1923)
posted by 矢島正見 at 10:31| 我流雑筆