2016年01月04日

酒漬け

 4日間、酒漬けの日々であった。(1884)
posted by 矢島正見 at 11:28| 我流雑筆

箱根駅伝

 箱根駅伝、中央大学、15位。シード権得られず。今年は予選落ちの可能性も。(1883)
posted by 矢島正見 at 11:27| 我流雑筆

2016年01月01日

「新春のご挨拶」ならびに「寒中のお見舞い」

新春のご挨拶

 新年 明けまして おめでとうございます

寒中のお見舞い(喪中の方)

 寒中 お見舞い 申し上げます

 昨年中は、ご指導・ご鞭撻・ご声援、さらに、ご支援・ご協力・ご援助・ご助成・等々を賜り、誠にありがとうございます。皆々様のおかげで、年を越すことができました。
 本年も、旧年同様、ご指導・ご鞭撻・ご声援、さらに、ご支援・ご協力・ご援助・ご助成・等々、お願い申し上げます。

 私ども教員にとっての年の区切りは1月1日ではなく3月31日であり、「年」ではなく「年度」となりますので、2015年4月1日から12月31日までを振り返り、2016年1月1日から3月31日までを予測しつつ、近況報告をさせていただきます。

 2013年度・2014年度は超多忙な年度でしたが、2015年度は比較的落ち着いた年度となりました。

 2013年度は4名の教員で授業を切り盛りし、2014年度は3名の教員で授業を切り盛りしておりました。それが2015年度は6名となりました。ようやく平常通りの授業に戻ることができた次第です。

 2013年度では、前期は週5日の勤務体制、後期は週4日の勤務体制を強いられました。2014年度は週4日の勤務体制でした。それが2015年度では週2日の勤務体制となりました。実に楽になりました(もっとも、会議や雑務にて、実質的には週3日でしたが)。

 ここ数年、文科省の締め付けが厳しく、実質的な夏休みは20日ほどしかありませんでした。ところが、2015年度は多分な夏休みを取ることができました。久しぶりのことです。

 夏休みに入り、試験の採点、レポートの採点、調査実習報告書の査読・採点と、例年ですと16日間程全日費やされましたが、今年度はそれが6日間で済みました。
 さらに、2015年度から愛知大学での集中講義が無くなったので、これで6日間の余裕ができました。そこで、2014年度よりも計16日ほど多くの余裕ができたわけです。これは私にとってはすごいことです。

 おかげさまで、論文執筆が驚くほどに進みました。
 2年ほどメモ書きをためておりましたが、そのメモ書きに基づいて、7月の後半から9月初めまでに400字詰原稿用紙にして500枚以上執筆することができました。12月31日現在、加筆し600枚ほどになっております。今年の3月発行の中央大学の紀要に、その一部を掲載します。6回に分けて掲載する予定ですので、完了するのは2021年3月になる見込みです。

 大学院は、ひところ十数人といましたが、また修士論文執筆指導の学生も常時数名いました。しかし、ここ数年激減し、2015年1月に2名の院生が修士論文を提出して、ようやく肩の荷が下りました。2015年度は受講生2名と、気楽に院生指導をすることができました。2016年度は院生0人になるかもしれません。

 2014年度、日本犯罪社会学会会長職を退きました。神奈川県児童福祉審議会の部会長職も退きました。東京都の審議会も調査も2015年度はありませんでした。公益財団法人日工組社会安全財団の犯罪不安感調査報告書も今年の3月に出ました。

 未だ、日本犯罪学会理事、日本社会病理学会理事、一般財団法人青少年問題研究会理事長、公益財団法人被害者支援都民センター理事、公益財団法人日工祖社会安全財団研究助成選考委員、社会福祉法人恵友会評議員、NPOことぶき福祉作業所運営委員、等の役職についておりますが、青少年問題研究会以外は閑職ですので、程よい刺激で、かえってストレス解消になっております。

 今年度のこれからの予定は、1月末までは、卒業論文・修士論文・ゼミ論文・調査実習報告書・試験の答案・等を読んで・読んで・読んで、成績をつけること、そして早急に、『関係性の社会病理』の「終章」を執筆して、出版すること。2月からは受験任務をこなすこと。以上です。

 4人の孫も一歳年を取り、4月からは3年生・2年生・1年生となります。聞き分けが良くなり、楽になりました。

 酒に弱くなりました。それでも、ヘパリーゼを飲みながら、毎日酒を楽しんでおります。平均一日、日本酒に換算して3合ほどです。4合飲んだ時は、翌日2合にしております。
 歩くのが遅くなりました。歩幅が短くなりました。要するに、とぼとぼと歩くようになりました。
 耳が遠くなりました。声は聞こえるのですが、何を言っているのかわかりません。したがって、さらに電話が嫌いになりました。
 記憶力はますます低下しております。学生の名前はまず覚えられません。
 方向音痴もひどくなりました。
 髪はさらに白くなり、しかも頭のてっぺんが少し剥げてきました。

 心身ともに機能不全に陥っておりますが、なんとかごまかしごまかし、過ごしてまいりたいと思います。
 引退まであと3年です。2016年度からは、引退んで進んでいこと思います。
 今年も〈快食 快眠 快便 これさえあれば 人生うはうは〉を座右の銘として、生きてまいります。(注)なお、〈快食〉には〈快呑〉も含まれております。

 さて、皆様はいかがでしょうか。大半の皆さまには、長いことお会いしておりませんが、さぞやお忙しい日々をお過ごしのことと存じます。一日一日を目いっぱい生きておられることと存じます。
 大変とは存じますが、またそれが楽しいことでもあると思います。老いも若きも、男も女も、焦ることなく・あきらめることなく、大志を抱かず・絶望せず、ゆっくりではあっても着実に、一歩後退二歩前進の精神で、歩んで行かれることと存じます。
 どうか、本年も、皆々様にとって、豊かな・幸せな・平穏無事な、生き甲斐のある、良いお年でありますように。祈念いたします。

なお、年賀状をいただきましても、賀状にメルアドがない場合は、原則としてお返事を出しておりません。どうか、この「矢島正見わーるど」の連絡欄にて、メルアドをご連絡ください。お願い申し上げます。(1882)
posted by 矢島正見 at 13:44| 我流雑筆